スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/30 涼

今日は少し涼しく、割と過ごしやすかったですね。8月になるとエルニーニョで冷夏になるとのことですが、いいのか悪いのか・・どうでしょう?

Be-tile施工のパン焼きオーブンができました。なかなかいい感じを醸し出しています
戸倉焼けるパンもおいしそう!!

18時ごろから夕立もなさそうなので前から気になっていた畑や駐車場などの草を草刈機で一気にやっつけました いつも通らせてもらっている畑への畦道も勝手に刈っておきました。・・・後から思いましたが、良かれと思ってしたことが怒られるかも・・。 約1時間でしたが成果は大!

帰宅後、シャワーを浴びて食事をして10時には就寝です。健康的な生活とはこういうものなのかなっと思っていると習慣とは怖いものです。目が覚めたら12時半でした。・・・無理やり寝ました




スポンサーサイト

7/29 夏まつり

毎年8月第一日曜に栗東市夏まつりが開催されます。会場は市役所周辺で弊社から徒歩5分ぐらいのところです。一時期お役所(的)の判断でなくなったときはありましたが、6年前から復活しました。

私の楽観論はドイツのライプニッツの予定調和説と同様の考え方です。ものごとは、性善説と共に予定調和説により最終的には世界は最善の道を歩むと説いています。こういう思想によって最悪の事態が起こってもそれは次ぎへのステップぐらいに思ってどんどん前に進むことができます

難しい話はこれくらいにしておいて、まあ夏まつりはやっぱりあった方が楽しいねということです。青年会議所を卒業してからは参加する側として行っていましたが、今年は久しぶりに模擬店を出す側として行きます。国際交流協会としてPR とこの不況で子供が学校に行けないなどの問題がある外国人を支援するための出店です。
RIFA

今日はその小委員会が弊社事務所でありました。みなさんそれぞれの持ち場で資料を集めてこられて、すばらしいです。どんどん意見が出て、内容が決まり、分担も積極的に申し出て、盛り上っています。委員会後は「千万来」で乾杯です

7/28 第7回光塾

雨の降らないうちに交通安全グッズを次の当番ネッツトヨタさんへ持って行きました。1週間の予定が10日ほどになってたでしょうか。12月まで8社でまわしていきます。
交通安全1

午後からは㈱国代耐火工業所の岩城支店長、そしてイサム塗料さんが来社されました。

さて今日は第7回の光塾です。テーマは「リーダーシップを科学する」です。リーダーのタイプをNTTドコモや最近の総理大臣、はたまたアメリカの大統領の例をあげながら説明されました。そして一般的に資本は4つから構成されそのうちいわゆるコミュニケーション(飲みニケーション)は社会資本といわれています。サラリーマンがアフターファイブに飲みにいくのはいかにも日本的な感じはしますが、外国ではホームパーティーという形があるし、アメリカの投資銀行GSなどは結構接待が多いそうです。 やはり最後は「人」と「人」になります。リーダーはコミュニケーション能力が必要ということです

今日は飛入りで野洲で社会保険労務士事務所をされている糀谷氏が参加されました。講師の高橋氏との東京でのご縁が回りまわってこの栗東での光塾の参加になったわけです。不思議なものです

二次会はお好み焼きの「のん」へ。大阪出身の中川氏もいるなかで結構好評でした。そして「R&B」で三次会。先月に引き続き店のスタッフがカウンターの外に出てマジックバー状態でした。高橋氏も今日は結構ネタが多かったですね。
四次会は久しぶりにラーメン「太陽軒」へ。JC現役のころはよくいったものです。と思っていると執行部会を終えた副理事長、専務理事がぞろぞろと。相変わらずやってますねぇ~  帰宅は2時でした。

7/27 ゲリラ雨

山口県の集中豪雨ほどではありませんが、最近スコールのように急に降る雨が多いですね。 今日は城陽市でベストハウス伊藤社長のご母堂様のお葬式に行きました。JRの京都駅、大津駅あたりまでは晴れていたのですが、南草津を越えたあたりから降りだして草津駅では豪雨になりました。少し小降りになるまで待ちましたが、こういうときに折りたたみ傘が役立ちます。どこかでもらった超小型の傘を携帯していますが、今年の夏は数回この傘に助けられています

毎日梅雨が明けたか明けてないのか分からないような天気が続きますが、みなさん体調どうでしょうか?なにか体がべたつきませんか。私は久しぶりにアカスリにでも行きたい気分です。一皮むくとスッキリした感じがするのです

7/26 ボーリング

朝から野菜の収穫をしました。トマトなどは朝に採ったほうが甘みが増すらしいですね。

午後からはさきらのフリマ(雨でしたが)やかえっこバザーに行き、そのあと家族でボーリング。ガーターにならないガードを出してもらったので子供達も60~70のスコアで楽しんでました。私も子供の前で少し気合が入ったのか175と165でいつもよりBetter! 子供には「お父さんすごい」と思わせることが大事です

7/25 散策

吉国1  吉国
昨日の吉國さんの講演です。たまには真面目に勉強しているところも載せておかないとネ
ご覧の通り少人数(7名)で、講演のあとは食事をしながらざっくばらんに話します。並びに座ると顔が見えないので講演のときはダメですが、食事のときは隣がいいですね。100名以上の会場ではとてもじゃないけど手を上げられないような恥ずかしい質問も(酒も入り)堂々とできます。理解が深まります

今日はチェックアウト後、しばし散策しました。
ソニー
銀座のソニーの前には巨大な水槽に熱帯魚やらサメが泳いでましたね。 このあたりのお金に糸目をつけないところが東京という感じがします。 それから久しぶりにINAXの銀座ショウルームも行ってきました。2Fのギャラリーではきのこ展なるものをやってましたね。
土曜日なので少しゆっくりして帰りました。 久しぶりに気が抜けたのか帰りはJRを反対方向に乗ったり散々でした 大したことではないですが・・。


7/24 第90回黎明の会

朝から今日始まる現場に職人さんを連れて行き、材料の搬入を済ませて午前中に仕事をすませます。午後は3時の飛行機で東京へ。今回は時間の余裕もなかったので乗り継ぎの渋谷駅のショップを少し見て会場の代官山「海苑」へ。少し早く着いたので同じビルの2階の欧風雑貨の店でコーヒーを飲んで出てみると外は雨 ラッキーでした。

さて今日の講師はみずほ証券シニアアドバイザーの吉國眞一氏です。もうこの会で2~3回お会いしているので話も聞きやすく、また質問もいくつかさせていただきました。テーマは「国際金融の現場から」で、タイル工事業ではまず接点はありません。資料もいくつかいただき勉強になりました。 

白川方明日銀総裁は吉國氏の日銀の一年先輩だそうで、白川氏が総裁になったことは怪我の巧妙でよかったと南原氏もおっしゃってましたね。

おもしろかったのは世界一といわれるような高層ビルが建った翌年にバブルが弾けるというもの。1928年にエンパイア・ステートビル、1996年にペトロナス・タワー(マレーシア)、2008年に上海森ビル。絵画にも造詣のが深い吉國氏はブリューゲルの絵に例えて「バベルの塔」は「バブルの塔」と座布団一枚

ずばりバブルは防げるのかという質問をしました。理論的には防げるが、小バブルというのは経済のために敢えて起したほうがよい。 ということでこれからもバブルは起きるでしょう。その時に新聞やマスコミの報道に踊らされずにバブルとうまく付き合うぐらいの気持ちでいた方が良いようですね

二次会はいつもの銀座の「イフ」で高橋氏とBe-tileの事業や光塾、来月の栗東JC例会のことなどを話して、あとはマジックで楽しみます。マジックにも東京受けするネタと、関西受けするネタがあるようですね。ある意味私は実験台?? 来週も楽しみです。

7/23 もちは餅屋

一日おきに会社を抜けるので段取りが忙しくなります。 11:30から定例会議をして、午後からは現場まわりです。 最後に行った甲西の工業団地の現場で残材を積み終わり軽トラのエンジンをかけようとしましたが、反応なし  バッテリーあがりでもないし、ミッションなので監督さんに協力してもらい、車に勢いをつけてクラッチをつないでもダメ。 結局、ハチヤ自工の萩原さんに電話をして来てもらいました。 1時間ほどできていただき助かりました。 来て車を少しさわってトンカチでなにやら車の下をたたくとエンジンがかかりました。セルがどうとかこうとか・・・。詳しいことは分かりませんが、餅は餅屋ですね だいたい悪いところの予想がつくそうです。

さて明日は黎明の会講師は吉國眞一氏です。

7/22 大宝柊木ゴルフコンペ

昨夜、初めて防災の放送を聞きました。大雨洪水警報だったと思います。いつも夕方に決まった曲とアナウンスが入りますが、家にいてもはっきりと聞き取れました。私の住むところは琵琶湖までは車で約30分ほどのいわゆる川上ですので浸水の心配はありませんが、それにしても大雨でしたね

今日は大宝柊木ゴルフコンペです。昨夜雨は降り切ったのかどんよりとした曇り空です。全くの無風で不快指数は高かったですね。それでも昼前には今頃雲の向こうでは太陽が欠けているんやろなぁなどと言いながら楽しくラウンドしました。 内記支店長と水野協力会会長、そしてJC仲間でもある野洲の山本君とまわりました。52+53=105 またまた平凡なスコアです。練習もしていないので急にうまくなることはあり得ません。 山本君は夜にダイエットを兼ねて打ちっぱなしに行っているようです。私もたまには練習してみようかな??

7/21 帰宅 帰社

長かった姫路滞在も今日で終わり。朝食を食べて大津市の奥村師範と草津市の村田師範を送り、ようやく帰宅しました。昼ごはん食べて帰社です。いとつひとつデスクワークを片付けていきます。
そして今週の予定を確認していくと今日中に行かなければいけない現場が出てきました。2件現場に寄り、実測をするともう日暮れです。

7時半からは中央公民館で栗東国際交流協会の文化交流委員会です。8月の栗東夏まつりを初めに9月、10月、11月と事業が目白押しです。

久しぶりにわが家のベッドで寝ることにしましょう

7/20 海外特別セミナー

2009蜈ィ蝗ス螟ァ莨・013_convert_20090722195739


今日は祭日ですが、海外メンバーのために特別セミナーをします。型と組手を9時半から昼前までして記念撮影をしたあと、館祖の仏前にお参りに行きます。そのあとは今年はインドのメンバーが14名と多いので、近くのインド料理の店に行くことにしました。店側も全員インド人ですので大いに盛り上りました

今回の滞在で分かりましたが、インド人というのは結構陽気で歌ったり踊ったりするのが好きなようです。インドは映画大国と言いますが、先日見た「スラムドッグ$ミリオネア」にしてもインドの映画の最後は何故か俳優達が踊ります。ハリウッド映画に対してボリウッド映画(ボンベイ+ハリウッド)というそうです。 これからこのインドダンスを取り入れたダイエットが流行りそうな気配です

そのあとは加西市のいこいの村に行き、香港、マカオの選手達と宴会です。いい交流がはかれました。 マカオの支部長CHE氏の名刺をもらってビックリ彼はマカオ空手道連盟の会長です。そしてマカオ正剛館の事務局長ヤスミンはマカオ空手道連盟の会計です。いろんな流派がある中でその会長をするというのは結構すごいことです。海外支部のメンバーも本当にがんばってますね

7/19 第2日目

二日目は開始式のあと演武があります。まわりは空手家ばかりで、演武をするにはかなり稽古をしておかないと逆に評価は下がってしまいます。私も近年中に6段をとろうと思っていますので、その時には演武をすることになると思います。どうせなら見ごたえがあり、今までになかったものをしたいと思っています。

2009蜈ィ蝗ス螟ァ莨・005_convert_20090722195444 
それと正剛館はアマチュアとして早くから多くの大学や会社に空手を広げてきたので、この大会にも実業団の部というのがあります。これは結構めずらしいのではないかと思います。ちゃんとした優勝旗もあります。しかしながら出場する会社が少なくなってきているのが実情で、今年はついにパナソニックの同門対決になってしまいました。そこで㈱びわ湖タイルも次の大会から出場しようと思います 社員の横山も有段者で現役のときには常に上位入賞していましたし、私と二人合わせて200㌔という重量級です笑
団体戦は3名ですが、2名勝った時点で勝ちですので問題ありません。優勝したら優勝旗を会社に飾りましょうニコッ♪

夜はマカオの選手達と海外本部役員とで居酒屋で食事でした。そのあと辻師範の案内で「CON」というステーキハウスに村田師範と3名で行きました。飲み屋街のクラブと間違うドアですが、しっかりとステーキハウスです。それも特上の神戸牛と思われます。村田師範の長男徹也と横山、伊藤も呼び、フランス赤ワインといただきました。辻師範ありがとうございました

7/18 第84回国際親善全国空手道選手権大会

今日から私の所属する日本正剛館空手道士会の試合が始まります。今年は創立64周年記念、また館祖13回忌追善大会でもあります。

今回は世界的な不況と新型インフルエンザの影響で海外からの参加は少なくなってしまいましたが、インドから14名、マカオから4名、香港から2名です。 試合会場までの送迎やエントリー、また各種目の召集も基本的に日本語が分からないので伝えてやる必要があります。
また食事にしてもインドのメンバーはベジタリアンですので、弁当もホテルの食事も全て特別メニューにしてあります。その他にも各国現地での審査の件や、大会後のスケジュール調整、各国の現状把握や人事など試合以外のことのほうが多いですね。

英語を母国語としない者同士が英語で話をするのですから、公式な内容は慎重さと確認が必要です。夜はレセプションです。海外選手の紹介と自己紹介の通訳をしましたが、一発勝負なので緊張します

2009蜈ィ蝗ス螟ァ莨・001_convert_20090721190531 レセプ


7/17 姫路へ

甲西の工業団地の現場が今日からです。朝早く出る予定でしたが、荷物を積みはじめると軽トラでは重量オーバーで2t車に積み替える羽目に・・

明日から空手の全国大会が始まります。3時に村田師範を迎えに行き、姫路へ出発です。名神→中国道→山陽道→播但道と乗り継ぎましたが、連休前にしては順調に行きました。

夜は二人で姫路駅前の居酒屋「海賊」で少し飲んで早めに寝ました。

7/16 面談

小学校の保護者面談です。とは言っても妻が行って私は子供を迎えに行くだけですが
何名の父親が面談に行かれたのでしょうか。非常に気になるところです。しかしながら行くとなれば普段から子供のことを把握していなければ話が噛みあわないようなことになるかも

最近自分の反省も含めて教育が如何に大事かを実感しています。「国家百年の計」とはよく言ったものです

7/15 商道徳

食品関連で商道徳が大きく取り沙汰されていますが、身近なところでも感じることが起こっています。業界のことなので具体的な話はよしますが、弊社の企業理念の根本には近江商人らしく「三方よし」があります。

三方よしの原典となったのが次の一節といわれています。

「たとへ他国へ商内に参り候ても、この商内物、この国の人一切の人々、心よく着申され候ようにと、自分の事に思わず、皆人よき様にと思い、高利望み申さずとかく天道のめぐみ次第と、ただその行く先の人を大切におもふべく候、それにては心安堵にて、身も息災、仏神の事、常々信心に致され候て、その国々へ入る時に、右の通りに心ざしをおこし申さるべく候事、第一に候 」

大事なことは「自分のことよりもお客のことを考え、行き先(商売に回る地方)の人のことを大切にして商売をする」とあり、これが近江商人の商道徳の真髄なのです。

さて私ども工事屋の三方よしとは何でしょうか?元請業者と協力し、施主のことを第一に考えて仕事をすることではないでしょうか。一挙に高利を望まず、謙虚に身を処せば天道にかない、心身ともに健康に過ごすことができると前文にもあります。

背に腹は変えられないの一言で商道徳を甘く見た結果が昨今の食品業界で多々問題が起こった会社の行く末です。

もちろん存続のために利益は上げなければなりませんが、その利益とはなんでしょうか。目の前の利益も大事ですが、「信用・信頼」を重んじる企業でありたいと考えています。

7/14 丸平建設パトロール

午後から丸平建設㈱さんの安全パトロールに行きました。本年から実績が認められ協力会(和平会)の一員として入会させていただき初めてのパトロールです。初めてということで私自ら行きましたが、先方からも林代表自らエスティマを運転して岐阜から来られました。滋賀県のパトロールは久しぶりのことだそうです。

和平会から送られたハイブリッドのエスティマは静かで快適でした。新米なのでおとなしく聞き役に徹していましたが、林代表のお話でこれからは家にも「戸籍簿」が必要だという話はなるほどと思いました さすが第1回長期優良住宅先導的モデル事業(国土交通省)に採択されただけのことはあります。林代表曰く、これからは住宅に革命が起こるということです 何ともフランス革命勃発の日にふさわしいお話でした

それと印象的だったのは5現場まわりましたが、行く先々で林代表が監督(社員)に「ありがとう!」と声を掛けられていたことです。専務や部長級になるとこうはいかないのでしょうが、TOPはこの一言で十分というのを実感しました。

支店に帰ってからも住宅関連の話を約1時間は聞かせていただいたでしょうか。会報誌に書かれている内容以上の生の考え方が聞けてよかったと思っています。

7/13 あっと言う間の一年

昨年の7月から始めたこのブログも1年が経ちました。海外出張でネットがつながらない環境のときや週末など溜めてしまうときもありますが、一日欠かさず書いてきました。

今年の3月からアクセス集計をして4ヶ月で2000人の方に読んでいただいているので、最初の頃は少なかったとしても、延べ4~5000人の方に見てもらっているでしょうか。他愛もない日記ですが、お会いすると内容のことをお話しいただいたり、お気に入りに登録して毎朝見てるという方もおられ、恐縮します。ほんとうにありがとうございます。

そしてコメントをいただいた方には特に感謝申し上げます。反応があると私としても非常にうれしいので、これからもどうぞよろしくお願いします。

読みやすく、またちょっとした情報を知っていただけるように心がけていきますので、よろしくお願いします。

≪エトバス ノイエス(Etwas Neues)何か新しいこと≫ ~初回ブログより~

7/12 技術講習会

10時から正剛館の技術講習会です。午前中はしっかり汗を流しました 他の先生に中野さんまだまだいけるなぁとか言われもって調子に乗ってしまいました。武道館での練習は現役時の国体強化練習を思い出します・・きつかったですね。

午後からは辻師範と会ってこの後の常任理事会の打合せと資料作りです。ポルトガル、イタリアの現状や来週の全国大会の予定等を報告しました。

常任理事会のあとはいつもの「うたげ」で一杯です。

7/11 RIFA会員の集い

午前は甲西に現場打合せ、午後は栗東国際交流協会のボーリング大会です。外国籍の方は中国、フィリピン、ベトナムで15名ほどが参加されました。みなさんこの不況の中ですが、研修生としてしっかり仕事をされているようです。しかしながらその一方で仕事がなく困っている人も多いことは間違いありません。


表彰式も輸入食品がメインでしたが、市役所職員木村さんのがんばりでミシガン(琵琶湖のクルーズ)や大津プリンスホテルの招待券もあり、盛り上がりました。みなさんまたやりましょうということでした。参加費1,000円というのも魅力のようです。

そのあと委員会メンバーは残って、あとの事業の打合せです。夏まつりについてはあと3週間というのに詳細の連絡がなく担当は困っています。実行委員会も今年は予算がなくやりづらいというのも聞いていますので、なんとも世知辛いですね。

夜は空手の稽古です。早くも第一回の湖東道場の試合をする効果がでてきました。長年来られてなかった吉田先輩が再開です輪を広げていきたいと考えています。

7/10 健康診断

会社の定期健診で前回受けられなかった人と一緒に検診に行きました。最近割りと健康には気をつけているので、そんなには悪くないはずです。海外指導に行く前はしっかりと調べてもらったりしましたが、とりあえず40歳代はこの定期健診と献血でのチェックぐらいでいこうと思います。

夜は久しぶりに商工会の会議でした。私が副代表幹事をする会員交流グループの会議ですが、去年までやっていた経営改善の難しいものからいわゆる「遊び」の企画のグループなので楽しくやっていけそうです

7/9 ドイツ

ベストハウスさんの現場に打合せに行きました。設計会社の方もおられたので一緒にタイル施工の確認をし終わったころ、施主が来られました。マウンテンバイクで現れたのはドイツ人のシュルンツェさん 最初はタイルの確認や(実際に使っている側から)薪ストーブについてのアドバイスをしていましたが、そのうち世間話に。氏は立命館大学国際経営学科の教授で、話は建築やエコ、はたまた教育の問題にまで及びました。約一時間は話していたでしょうか。 昨日佐藤優氏のいう日本の学生の特徴というのがやはりあてはまります。教育は本当に大事です

薪ストーブ回りのレンガはご自分で積む予定をされていますが、9月から授業のコマが増えるそうでBe-tileに頼むかもしれないとのことです。家が建って引っ越せば家庭菜園も是非したいということですし、また私の次男と同年の子供もおられるのでこの辺のことでわからないことがあれば相談してほしいものです。

今回たまたま世間話からこういうことになりましたが、やはりBtoCでお客さんの顔が見えるというのはいいものですね 普段の仕事では弊社は下請けなのであえてなるべく施主と直接話すことはしませんが、今回は薪ストーブの件があったので特別でしたね。

7/8 琵琶湖塾

午後から㈱北川建設さんの安全大会が守山市民ホールでありました。いつもは空いている駐車場が満車でしたのでゲストの人気かと思いましたが、守山高校の学園祭が同会場であったのが理由でした。空手後輩で連合会のチャンピオン嘉部君とばったり出会いましたよ
そのゲストは元近鉄バッファローズのいてまえ打線村上隆行氏でした。現在は大阪ゴールドビリケーンズの監督をしながら、おはよう朝日のスポーツコーナーにも出ていて、好きな野球が仕事にできて幸せだなと思います。

終わり次第大津に向かいました。今日は滋賀県立大学主催の琵琶湖塾の2009年度1回目です。塾長は朝までTVの田原総一朗氏で始まった05年と06年は参加していましたが、今年は久しぶりの参加です。

今日の講師はある意味時の人、作家の佐藤優氏です。新年に帝国ホテルであった竹村健一氏の勉強会で佐藤氏の著書をいただいて読んでいたのですごく興味はありました。そもそも久しぶりに琵琶湖塾に参加しようと思ったのも佐藤優氏、横浜市長の中田宏氏、立命館大学の隂山英男氏の話が聞いてみたかったのもあります。他にも鎌田實氏(医師・作家)、井村雅代氏(シンクロ)、岸井成格(毎日新聞)、財部誠一氏(経済ジャーナリスト)、村田晃嗣氏(同志社大学)が予定されています。

檻の中の話や神学の話、そして作家活動や教育の話まで興味深く聞きました。Tシャツ姿での登場でしたが、秀才とはこういう人のことを言うのだなという感想です。一ヶ月に多いときだと600冊ぐらいの本を超速読術で読むそうで、会場の人が持っていた単行本を借りて実演されましたが、ペラペラとページを繰っていって4分後に内容をまとめて話すという芸当もありました。
500人を前にしての集中力はさすがでした

官僚はいま世間であまり良い印象はありませんが、超秀才で能力のある人間が官僚の中にも多くいるということは確かだと思います。官僚の世界とはあまり縁のない私でしたが、最近つとに思うのはこの官僚の能力を活かすのも殺すのも政治家次第だということです

7/7 七夕

今日は七夕ということで、裏庭で切った笹に願い事がつるしてあります(写真を撮るの忘れました)。 「おかしがご飯になりますように」「ムゲンバインがもらえますように」というような子供らしいのもあれば、「お母さんが元気で長生きしますように」というのもありました。お父さん・・・はなかったのですが

昨年に続き幼稚園のバザー用の小物を作るためにお母さん達が来社されました。主婦ならではのアイディアで自分達が欲しいものを作るのでバザーでは完売だそうです 世のヒット商品はこうして出来上がるものかもしれません

今朝もジムに行きましたが、やはり夕方になるとガス欠です。仕事中は休憩など考えたことがなかったのですが、やっと喫茶店にいるサラリーマンの気持ちが理解できました。

7/6 ニューリーダー倶楽部

午後から滋賀銀行ニューリーダー倶楽部のセミナーです 新年度1回目で全4回シリーズです。コーディネーターはNHK「クローズアップ現代」やBSジャパン「こちら経済編集長」などに出演の立教大学経済学部教授 山口義行氏です。4回通しのテーマは“100年に一度”の不況とどう向き合うか 今こそ「革新」と「創造」に挑め!です。

今日の山口氏の演題は「中小企業経営者はマクロ経済に強くなれ!」で、主にアメリカの5大投資銀行の状況やサブプライムローン問題の経緯の話でした。 東京での黎明の会や山科塾、光塾などの知識のお陰でだいたいのことは自分に取り込めたと思います。

二部は㈱ストラテジックの櫻井浩昭社長で「時代が求めるリーダーとは?」です。ワークショップを取り入れながらの講演でおもしろかったのは、自分のリーダー像のテストでした。4つのタイプ(問う・示す・活かす・導く)に分類されますが、私の結果は「問う」とでました。
「問う」の特徴は「・情報収集のため現場を重視・世の中の変化を敏感に察知・現状打破のアイディアを生む・官僚主義や保守主義に対抗・組織や派閥に組み込まれるのを嫌う」というものです。場内は50名程度でしたが圧倒的に4の「導く」が多かったですね。4は「・論理的で緻密な情報発信・課題設定能力に優れる・定量分析や交渉などの問題解決能力に優れる」といった1とは正反対の官僚主義的なもの。

経営者たるものどれが欠けてもいけませんが、自分のタイプを知るということは大事です

7/5 かぶと虫

子供達が大騒ぎです。幼虫からサナギになっていたかぶと虫がついに成虫になりました。早速ホームセンターにエサのゼリーを買いにいきました。私達の子供のときはスイカや蜜などをエサにしたものですが、ゼリーの方が寿命や産卵のことを考えるといいらしい(と書いてある)です。

姪っ子二人が遊びに来て、庭で野球大会です。車3台止めるといっぱいのとても野球ができる庭ではないのですが、ほんの真似事なので十分です。しかし何回か車道にボールがいってしまい、探しましたが・・。

子供は無邪気でいいものです。そして遊びの中で見ていると性格がおもしろいように分かります。カレーを食べて、ウインブルドンの男子決勝を眠くなるまで見て一日が終わりました。来週も会社にいるのが少なく出回りますが、張り切っていきましょう

7/4 丸平建設安全大会

朝九時からの受付で、場所は岐阜県揖斐郡なので2時間はみておかなければいけません。ということで今日は小旅行です。土曜日なので高速代が1000円というのは助かります

いつも丸平建設さんの行事に来て思うのですが、先ずは手作り感があります。そしてそのために社員が協力しているのが見ていても良く分かります。後で聞くと全現場をストップして集まっているそうです。工期や下請けのことを考えると止めたくないのでしょうが、徹底されています。そしてなるべくお金を掛けずにやろうとしていることもよく分かります。講師や記念品にしても身近なところでされています。私にとっては一人での長距離ドライブは貴重な考える時間です 疲れるはずですが、逆にリフレッシュできます

夜は京都で洛陽高校空手部のインターハイ出場激励会と新一年生歓迎のパーティーにお呼びいただきました。京都には京都西高校という名門があって、個人戦も団体戦もそれを破っての出場ということで本当におめでとうございます。インターハイ本戦でも活躍してほしいものです。

7/3 田中誠文堂フェア

朝から野暮用があり、かなり時間を取られてしまいました。でも相手からすれば大変なことなので、心中察するところがあります。

午後から大津に見積もりを提出しに行きました。6/25のブログに書きましたが、平田タイルの吉村支店長に教えてもらったことの実践です そして堅田回りで見本を持って行き、監督さんといろいろ話していると6時までの誠文堂フェアに間に合いませんでした。 表題に書いて行けなかったというのはお粗末ですが、残念です

6時半からは栗東国際交流協会です。来週の事業の参加要請ですが、一件一件電話をしました。今まではこのような電話はしたことがありませんでしたが、収穫は事業参加の人数以上に会員個々の意識が分かったということです。地道な努力と同時に魅力ある事業の発信が大事です

7/2 材光工務店安全研修会

昨日から全国安全週間が始まっています。昼休みに散髪に行き、午後から長浜ロイヤルホテルで㈱材光工務店の安全研修会です。協力会の副会長もしているので少し早めに行き、打合せです。特に今日は司会も頼まれているので、表彰される方の社名や氏名の確認などは必須です。

口述書も用意されてあり、決まりきった進行ですので簡単そうで逆に難しかったですね。唯一「アドリブで」と書いてあったのが、竹内泰子氏の特別講演の感想の部分。やはり自分の言葉でしゃべるに限りますね  そのあとの懇親会では気も楽で、伊藤社長、伊藤室長、中村専務、水原会長と楽しい会話をさせていただきました。お互い直接現場を担当していないので、(景気が悪いこともありますが)趣味や家庭の話が多くなります。こうした人脈(人間関係)の構築が大事なのは言うまでもありません。

さて今日は夕方ガス欠になるといけないので、あえて朝はジムに行きませんでした。夜に行くことにしましょう

7/1 後半戦スタート

今日から7月、ちょうど一年の半分が過ぎましたが7月と聞くだけで一年の6割ぐらい経ったような気がしませんか? いずれにしても前半より後半のほうが時が経つのは早く感じると思います。

琵琶湖の対岸堅田に見本を届けてきました。先日の羽川英樹さんの話にありましたが、滋賀県人というのは対岸に行くと、自分の家がどのあたりか探してしまうそうです。・・そうですというより私も生粋の滋賀県人ですので理解できます。栗東市は琵琶湖から少し離れています(車で30分)ので自宅は探しませんが、南からいくと近江大橋、矢橋の帰帆島、烏丸半島(風車)、琵琶湖大橋、沖ノ島あたりを見ながら自分の位置関係を測ります。もうひとつ言うと滋賀県人独特の言い方として琵琶湖の方へ行くことを下ると言います。坂は上っていても「次ぎの信号左折してず~と下っていくとな・・」てな表現をします

夜空手の稽古が終わってから、第一回の企画委員会を招集しました。湖東道場の創立35周年記念第一回空手道選手権大会と創立35周年記念式典、祝賀会を来年2月に開催します。そのための企画委員会です。これを契機にOBを含めて、指導者、選手、保護者がより一層まとまりたいと考えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。