スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/29 台湾より電話

西日本パワーファスニングの小谷社長から電話の着信が入っていました。折り返し電話をすると何やら英語で応答しています??  そののち話すと台湾に出張中とのこと  グローバルに活躍中です。プロバスケの滋賀レイクスターズのロゴを自社商品につけたりと積極的な経営者です。話しているとファイトがあるのがにじみ出ています

今日は来客の多い日でした。ニッタイ工業の山下氏、商工会の成田さん、市役所の方、青木司法書士、INAX角井氏、マンケンの水原社長。 多くの方に来ていただけるのはありがたいことです  私はビジネスというのはチームで動くべきだと思っています。社内はもちろんのこと、関わるすべての取引先が良きチームとなりそれぞれのポジションでいい仕事をしたときに最高の成果がでるものと考えています。 自分のプレーをより洗練されたものにするための努力と同時によりよいプレーヤー探しや合同練習によるお互いの能力を高める訓練も必要です
スポンサーサイト

1/28 再会

埼玉での仕事が継続するため昔東京で仕事をしていたときお世話になった職人さんにも来ていただきました。一時期一緒に住んでいた時期もあり、懐かしい再会でした   青柳さんといい、職長として海外にも出張の多い職人さんで日本を空けるときに家の鍵を預かって住んでいました その後アフリカの現場にも行かれていたそうです。

現地で二人の職人さんに仕事をしてもらったわけですが、いい職人同士というのは話が早い!  相手が何を言いたいのかが肌でわかるのでしょうね。 初対面ですぐに一緒に仕事を始められるのは考えてみると職人の世界ってすごいことですね


玉ゐ縮


ここまでくれば安心です。私はひとりで帰ることにしました。日本橋の高島屋で高橋氏と待ち合わせてランチをご一緒しました。前から気になっていた「玉ゐ」でちらしをいただきました。穴子一本の上に海鮮の具がたっぷりで値打ちのある一品でした 小泉元首相もよく来るとか・・。 そのあとコーヒーを飲みながら今後の打ち合わせなどをして新幹線に。 暗くなって帰社すると横山がまだがんばっていました。当然私も二日間の書類の整理です。 午前様で帰宅しました

1/27 第13回光塾

昨日は第13回の光塾開催しました。1年12ヶ月続けてきて成果の上がってきている方も出てきています。これほどうれしいことはありません  今回は医療問題を取り上げましたが、この問題は根が深い!講師高橋氏は医者ではないのですがその方面の人脈も多くまた医療システム研究会にも属しているので病院(医者)側から言うはずもない恐ろしい問題がぞくぞく出てきます。 いつもは講義が終わってから質疑応答に入るのですが、今回は講義の途中に積極的に質問がでてきました。少人数のよいところで、また医療に関するみなさんの関心度の高さが伺えます。

2月は19日(金)18:15~「日本の医療崩壊?医師会の横暴と診療報酬の闇」と題してパート?を行います
マスコミは絶対にこういう問題は取り上げません。またどんな話が聞けるのか楽しみです

さて今日27日は早朝5時半に会社に行き、材料を積んで職人さんと埼玉までドライブです Be-tile事業もぼちぼち動きだしました。 夜は今回の件でもお世話になった㈱アベルコの竹内氏とです。お世話になったのでこちらがご馳走しようと思っていたのに逆になってしまって大変恐縮です また業界の情報交換もできてよかったです いつもならもう一件というところでしたが、職人さんも一緒ですし明日も忙しくなりそうなので早めに休みました。

1/26 後藤昌幸 滋賀ダイハツ販売グループオーナー

後藤倫理
モーニングセミナーの講師は㈱ゴトウ経営の後藤昌幸社長でテーマは「老舗家訓に学ぶ会社をつぶさない15の秘訣」 後藤社長のお話はJCで一度聞いたことがありますが、ダイハツの助けがなかったら間違いなく倒産していた滋賀ダイハツ販売を建て直した経験からの経営論なのでなんといっても説得力があります。話の内容自体は10年前と変わっていないのですが、時代が厳しくなればなるほど心に響いてきます  書籍も販売されていたので最新刊「倒産したくなかったらこれを読め」を買いました。

モーニングセミナーは6:30~なので遅くとも7時台には会社に入れるので仕事にも影響なく気持ちの良い一日のスタートが切れます。二週間後はトイレ掃除で有名な㈱イエローハットの鍵山秀三郎氏で楽しみです

さて今夜は光塾です 他の勉強会に負けてはいられません。より充実したものにしていきます ブログを見られた方は是非一度ご参加くださいませ。本日のテーマは誰にでも関係のある医療問題です。医療システム研究会の委員でもある光塾メイン講師高橋氏にレクチャー願います   18:15~㈱びわ湖タイル(Be-tile)2Fです

1/25 中嶋事務所インタヴュー

10:30より倫理法人会のびわこ湖南支部会長をされている中嶋事務所の中嶋社長が来社されました。毎月会報誌を出されているのですがそこで弊社を紹介してくださるとのことでのインタヴューです とくに準備はしませんでしたが、うまく話を引き出していただきました。どうまとめていただけるのか楽しみです。社労士事務所では県下ナンバー1ときいている会社の会報誌に載るというのは本当に弊社でいいのというのが正直ありましたが、夢を大きくもってチャレンジしているこれからの会社という意味で選択していただいたと解釈しています

長男はけんだまにしっかりハマりました 今朝もランドセルにしっかりけんだまを入れて登校です
ファミコン(とは今は言わないんでした?)にハマるよりはいいかと思いますし、学校に持っていっても大丈夫だと思うのでまあいいことでしょう

18:00からは京都中央信用金庫草津支店で中嶋事務所主催の勉強会「びわこ経営研究会」です。講師は同支店長の伊香(いこう)支店長でテーマは「しらなければ始まらない2010年経営動向」です。私の印象としては地元の支店長なので私達中小企業が何を知りたがっているのかを押さえたわかりやすい話だったなという感じです。 そのあとはエストピアの「梅の花」に場所を変えて懇親会です。このような身近な会では珍しくだれも知った人が居られませんでした。
この類の会だとたいがい知り合いが数名いるものですが、今日は新たな一期一縁が多い日でした 中嶋社長の配慮で伊香支店長の隣席に座らせていただきたっぷり話をすることができましたし実りの多い日でありました中嶋社長ありがとうございました中嶋事務所勉強会懇親会の風景です

勉強会では草津JCの中嶋理事長とも名刺交換させていただきましたよ。実は元旦に空手の初稽古の時に立木神社で一度お会いしていてしっかり覚えていただいており恐縮でした。次男の慶喜氏はオーストラリア一年、アメリカに5年半留学されていた経験もあり映画監督を目指していたそうです。語学も堪能でまた今度ゆっくり話したいものです

1/24 小田全宏フルートコンサート

午前は子ども達二人を連れて「世界と出会う玉手箱」に参加してきました。講師はJICAでモザンビークに行っておられた名古屋の中学理科の先生で窪田保氏です。アフリカのモザンビークでの話をおもしろおかしく子ども達にもわかるように話をされ、そのあとはけんだまで遊びました。 若いときに全国大会で優勝したこともある技を披露され子供も大喜び。 「もしかめ」という大皿と中皿を交互にリズミカルに移す競技で8時間の熱戦で優勝されたそうです。
けんだま1  現地の工芸品等
けんだま2  手伝ってもらって成功


けんだまひとつで世界中の人と友達になれるんですよという言葉はその通りだと思います。できれば日本の伝統的なことがいいと思いますが、私はそれを空手で実践しているわけです。

窪田氏への支援の意味もこめて子ども達にそれぞれ全国けんだま協会認定のけんだまを買いました。けっこう子供達もハマッています

午後は彦根で小田全宏氏の講演とフルートコンサートです。家族全員で行きましたが、妻も興味を持ったようです。
7月に滋賀県でアクティブブレインセミナーがあるそうなので妻も行く気になっています。私はもうすでにこの日は予定が入っているので結果をきくのが今から楽しみです。 小田氏は高校一年のときにフルートを止めて46歳のときに再開して今ではコンサートをするまでになったということですが、昔やっていたことやしたかったことを始めるよう奨めておられます。 私も中学高校とブラスバンド部でトランペットを吹いていたので改めて始めてみようかなぁ
小田全宏

1/23 6000アクセス

ふと気付くとアクセス数が6000件を超えておりました。ありがとうございます。

今日は休みの土曜日でしたが、主に机上の整理をしておりました。捨てる前に目を通しておかなければならないものや、やれば10分で済むような仕事がたまってあります。1日徹夜をすれば全部きれいになるようなものですが、最近はみごとに中年の域に入っているのでしょうねぇ 毎日ぼちぼちです。

1/22 滋賀銀行講演会

琵琶湖ホテルにて滋賀銀行の恒例新春講演会に参加してきました。講師はWBSのコメンテーターで見慣れているみずほ総研の中島厚志氏でテーマは「2010年度の日本経済を読む」。 さすがチーフエコノミストだけあって、すばらしいデータと分析でした。しかし聞きに行っている中小企業の社長のほとんどは資料のグラフや数字を見て説明されてもそんなことは新聞見て知っとるわい という感じでしょうね。それを踏まえてどういう手を打つかは皆さんで考えてくださいという結論なので参考になったようなならなかったような・・。

終わり次第約束通りアロンジェの小田さんとロビーで待ち合わせをして、喫茶コーナーで打合せです。具体的なサイトの構成について話をしました。宿題をいつくかいただきましたが、出来上がるのが本当に楽しみです

夜は栗東国際交流協会の役員会です。去年の事業報告と次年度のおおまかな計画の話です。

1/21 OB会役員会

午前中は税理士と前期の分析や今年の見通しなどを話あいました。不確定要素はあるものの分かっているものから落とし込み、幅をせばめていきます。きちっとした計画書に基づいた予算を固めるにはまだまだですが、不測の事態が起こったときの対処をすばやくするためにもシュミレーションが必要です。

夜は栗東JCのOB会新旧合同役員会です。私は㈱アールシステムの阪下社長からバトンタッチで新役員として参加です。「魚新楼」でそのまま懇親会に  最近は本当に酒は控えてます。 ポリシーとして出された一人前の料理はひとつ残らずいただきますが、そのあとにラーメンなどは行かなくなりました

経営者として何にも代えがたい重要なことは「健康」です

1/20 琵琶湖塾 財部誠一氏

9時に長浜の㈱材光工務店に集合して安全パトロールです。天気もよく暖かかったので助かりました。昼食は決まって長浜JCの歴代理事長で友人の設楽氏の経営する「おりひめ」というレストラン。 昼からも2件まわり、少し現場が増えてきたなとい実感です。

一旦栗東まで帰り、湖西の和邇まで見本をとどけてそのまま南下し大津のピアザホールで田原総一郎塾長の「琵琶湖塾」に参加。 講師はサンデープロジェクトでお馴染み経済ジャーナリストの財部誠一氏でテーマは「日本経済復活のキーワード“グローバルセンス”」 やはり焦点は中国!昨日の経友会の話と併せて非常に興味深い話でした。

たまたま座った席の真前には水口JCの同期理事長の金田氏とOB3名、真後の席には商工会等でよく会う㈱マルニの水野社長 みなさん勉強熱心です。 この差は必ず会社の成績として現れてくると思います

最後に田原塾長から小沢幹事長の土地購入の問題や検察のジレンマや着地点に関しての裏話もありずいぶん報道の見方も変わりました  次回は最終回で同志社大学教授の村田晃嗣氏です。

1/19 経営指針を創る会

早朝6時30分からモーニングセミナー 講師は㈱大生産業代表取締役梅村忠生氏。テーマは「男道」  「男道」という歌の歌詞にそって自分の思いを語られました。衣食足りて・・・というように衣食住の中で住のことはあまり言わないが家を大事にして家族に言うのと同じように家にも「行ってきます・ただいま」を言ってくださいという話しがおもしろかったですね。 また心筋梗塞や脳梗塞を患う人の家はどこか具合が悪い、パイプが詰まっていたりするものらしい。

17時から滋賀銀行経友会の新年例会がありました。中川常務による講演テーマは「最近の経済動向と今後の見通し」
これからの経済は中国抜きでは語れないということで長沙1・2号店に続き昨年株洲店をオープンして「平和堂ブランド」を築きあげている例を挙げて説明されました。

毎年1200万人の新卒者を出す中国では失業者を出すと暴動が起こりかねないのだそうです。政府としてはなんとしても8%の成長率を堅持しなければならないということです。 

日系企業のビジネスチャンスのキーワードは「かきくけこ」
   「」観光 環境 介護  「」キッズ(子供) 「」車  「」健康  「」高齢者

縁あって友人になった元船井電機現地社長の徐さんが年賀状で上海万博に是非家族で来てくださいと招待していただきましたので5月1日~10月31日に行きたいと思っています。 上海万博テーマ「Better City,Better Life」今から楽しみです    

講演だけ聞いて懇親会は失礼させてもらって中小企業家同友会の第29回経営指針を創る会のオリエンテーションに少し遅れて参加しました。確固たる経営指針の重要性は認識するもののスケジュールが合わず第27・28回と見送ってきましたが、今回やっと踏み込むことができました。やるからにはしっかりと半年をかけて自分と会社を見つめていきます

1/18 大輪建設協力会総会

琵琶湖ホテルで大輪建設㈱協力会の総会があり出席してきました。本年度から幹事に推薦していただき、総会にて承認していただきました 四年前に社長に就任してからこういう役に就かせていただくことが増えました。 若返りという意味で推薦していただいているのでその会社の社長以下幹部の方や経営者としての大先輩と接して勉強させていただけるというのはありがたいことです。 

そのあとは私達の結婚式の二次会をした思い出の「ローズの間」で懇親会でした。 その場で新幹事としての挨拶をさせてもらい、またくじ引きで一等賞(五本くらいありましたが)が当たりいい夜が過ごせました。

1/17 発表会

子供達が以前からお世話になっている右脳教育の発表会が栗東のさきらでありました。子供というのは無邪気というか臆することなく舞台上で立派にやってのけます 長男は百人一首を20首暗記して発表していました。他の子も円周率500ケタ暗記とかもう訳がわかりません まだ幼稚園だからとか小学生だからこのくらいできていれば十分・・というのは禁物で能力を最大限発揮すべきだと思いました もち私はビデオ係でした。

夕飯は子供達の要望で回転すし「華寿司」に行きました。ここは回転すしですが、食べ放題制でネタもよく、サラダ・鍋・おでん・唐揚げなどの惣菜・ソフトドリンク・デザートすべて込で大人2100円、小学生1050円、小学未満420円なのでうちの子の場合かえって安上がりです 長男6年生、次男4年生のときはお店赤字間違いなしか!?

家に帰るとエコキュートが故障でお風呂が沸きません 妻と子供は妻の実家にもらい湯でしたが、私は風呂に入れず  頭かゆーい!!  

そんなのんびりした週末でした。明日から今年初めのピークとなる忙しい週が始ります 体調を万全にして精一杯やります

1/16 ゴルフ

大学の同級生とのゴルフをコムウッドGCで予定していましたが、なんと雪でクローズとの連絡 しかしその時間にはすでに兵庫・大阪組は電車に乗って滋賀に向かっている途中です。 今回幹事の甲賀中島氏が機転をきかせて双鈴という三重のゴルフ場を手配してくれました。しかも昼食つきで9千円台という安さ! このゴルフは始めた当初からスクラッチでの勝負。キャリアからいっても私が優勝することが多かったのですが、最近は形勢逆転 今日も3位に転落です。

golf.jpg 魚松
19番ホールは甲賀の「魚松」でした 蟹の食べ放題で先ずは茹でたものを二杯。そして鍋にしてこれも蟹とフグの入れ放題。サービスでヒラメの造りとフグのてんぷらも付けていただいて、お土産は寿司に佃煮とドーナツ(?)で至れり尽くせり
この店秋には松茸の食べ放題もあるので(手掴みで入れ放題)今秋にまた来たいものです

1/15 1年の24分の一

昨日商工会長が1年の24分の1が過ぎたという話をされました。そう考えると早いものです。人生78歳ぐらいと考えると私も57%は生きてしまっているともいえます 今年は特に忙しい年になりそうなので時の過ぎるのも早いことでしょう。一日一日を充実させたいものです

新規事業が大々的にスタートする予定でしたが思わぬハプニングでその工事を元請けが受注できずにいたところ、力強い助っ人が現れました  灯台もと暗しです 今日来社いただいた上に検討していただけるとのことでした。 また違った道も開けてきそうな予感です。

1/14 JC新年賀詞交歓会

株式会社アロンジェ小田氏と打合せです。この寒い中草津駅から歩いて(走って?)来社いただきました。身は細いが根性のある方とお見受けしました ひとつの事業を進めるにあたって会社と会社が一体のチームとなれるような信頼関係を築ければと思っております

市長1     國松市長の御挨拶 ピンボケでごめんなさい

夜は栗東JCの新年賀詞交歓会でOBとして参加してきました。栗東市内の市長始め各種関係者が集まり歓談をしました。そのあとはライオンズクラブの山本会長、藤田市会議員、池上森林組合部長と近くの居酒屋「酔哥」で 隣の部屋ではJC関係が盛り上っていましたが、私はいろいろと勉強になる話を聞かせていただきました。

1/13 平成育ちの大学生

TOTOの情報誌におもしろい記事がありました。少子化で大学生の数が減るといわれていますが、それは中長期的にみた分析で意外なことに大学史上在校生が最も多いのが現在だそうです。私が大学生だったころ1985年頃で200万人強だったのが2009年では約285万人だそうです。

その大学生を一言で表現すると「可処分時間を意識する世代」で、IT技術を巧みに使いこなし、時間を延ばしたり縮めたり組み替えることによって時間をコントロールすることの上手い世代ということです

我々の時代はお金はないけど時間はたっぷりあると思っていましたが、今は情報化されて親のコントロールが効いてスケジュール化されているので自分の枠を越えようとはしません。 若者の海外旅行が減っているのも納得できます

自分で情報にアクセスし、マスメディアや有名人を起用したアピールの影響を受けにくい世代でもあるそうです。以前の経済はピラミッド型で一握りの人が開発・情報発信したものが裾野を広げましたが、現在はたこ壺型で筒状にセグメント化されているようなものだと。 自分の価値観に共感するものだけを集めて瞬時にセグメント化してコミュニケーションを図るのが得意。 ブログはその典型だとも。

このような世代の若者が自社に営業に来て、その同世代を弊社としても採用していくわけです。
『Q 男子大学生にききました』学校のトイレで身だしなみのチェックをしますか?・・はい99%いいえ1%
 身だしなみのチェックをするためだけに学校のトイレを利用しますか?・・はい70%いいえ30%

・・・隔たりを感じました

1/12 本格始動

正月気分も抜け今週から本格的に始動です 先週は休んじゃいましたので久しぶりのモーニングセミナーで一日がスタートしました。         
レイクスターズ

講師は滋賀レイクスターズというプロバスケットチームの代表取締役坂井信介氏です。元々湖北町の出身で虎姫高校卒業後は北京に留学、そのあとも現地駐在で香港や上海にもいたという異色な社長です。 地元を愛する気持ちと会社としてバスケット以外のスポーツもサポートしていこうという姿勢に共感を覚えました。今はカヌーの選手をオリンピックに送り込むべくサポートしているとのこと。

こういう想いで運営しているチームであれば何らかのかたちで応援しようと思います。で、名刺交換したあとすぐに自販機の売り上げの一部を寄付するかたちでの協力を申し出ました 思ったらすぐ行動!です


夕方からびわこ農業の鈴鹿氏と少し話をしました。米作りの取材に朝日新聞がきて、思いのたけをきっちり話せたので紙面に載るのが楽しみとのことでした。また最近ですがBe-tileとのコラボで事業を組み立てる相談をしていますのでその話も盛り上がります。異業種と意見交換すると止まっていたことが一気に動き出すこともありますね。新鮮な風を入れることは大切です

1/11 残り福

えびす     えびすまぐろ

商売繁盛の西宮神社に行ってきました。社員、職人やその家族の幸福を願い、何としても今年はえべっさんのご利益にあやかりたいと子ども達を連れて総本社にお参りしてきました。例の笹を買ってきましたが、プラスチック製でいつまでも緑色でいいとは思うのですが、もう少し情緒を出すために来年は笹は持参して札や飾りを買って自分で付けたいと思いました  

大阪まできたらたこ焼き食べなあかんやろということで数あるなかで一番おいしそうなところでたべました。神社と出店のみなさんが一番の商売繁盛!?

早めの夕飯を済ませてリラックスしているとびわこ農業の鈴鹿氏が玄関先に   お誘いをいただいて村田師範と3人で「山」に行き  明日はたなかみ米の取材に朝日新聞が来られるそうです。

1/10 MJ

今日は子供達と映画を見に行く約束です。大津パルコで子供達は仮面ライダーW&ディケイド。私はマイケルジャクソンン「This is it」を見ました。全編ロンドン公演のリハーサルの映像がほとんどでしたが、エンターテイメントとは何か、本物とは何かがわかりましたね。映画の中の曲は私も知っているのがほとんど。空手現役選手のときに縄跳びをするときにぴったりのテンポだった「スリラー」「ビートイット」など懐かしい曲ばかりでした。20年も前の曲で構成するということは如何にその曲の完成度を高めて如何に観客に感動を与えるかということです。

自分の曲、ステージをすべて把握したうえでダンサーやアーティストに指示を出すときの謙虚さは本物の証ですねどこぞのちょっと売れると我がまま言い放題でちやほやされているのとは大違いです

この手のコンサートは行った経験がありませんが、この映画を見て世界最高レベルのエンターテイメントは見てみたいと思いましたね。MJの言っていた「客を未知の世界へ連れていこう」を経験したくなりました

夕飯は自産自消の野菜たっぷりの鍋です。肉、魚類なしの野菜だけの出汁で食べた最後の雑炊は野菜の甘みたっぷりで最高でした

1/9  丸平建設和平会

岐阜県の建設会社丸平建設和平会の互礼会がありました。地元揖斐郡の冠婚葬祭式場Holy Grail でありましたが、途中関ヶ原あたりの雪の心配と読みたい本もあったので電車で行くことにしました。大垣までJRで行き、ローカルの養老線に乗りましたがなかなか情緒があってよかったですね

いつもながらに社長を始めご挨拶を聞かせていただくと会社の理念、文化、想いがよく伝わってきます。また社員にもそれが浸透しているのがわかります。 円卓でオードブル料理をいただきましたが、閉会の挨拶の中で“この料理もお金のうちなのでパックに入れて持って帰ってください”という話がありました。いつも世知辛い契約の話をしていますので余計にこういう話は共感を呼びます

このデフレの時代において人が何を基準に物を買うかというと果たして値段だけだろうかと最近よく思います。その会社や社長がどういう想いでビジネスをし、何において社会に貢献しようとしているのかという想いも判断基準になり、それに共感を覚えたところから物を買うのではないかと思います。一生に一度と言われる住宅などはまさしくその部分が大きくなるはずです。

弊社は下請けの会社ですので、元請けのそのような想いを知ることは重要になってきます。元請けと同じ方向を向いて最終的にお客さんに完成品を引き渡すということが必要になってきます

1/8 経営指針

どこの互礼会に出席しても今年は昨年以上に経営環境が厳しくなるという話ばかりです。人は順境にいるときよりも逆境のときにその隠された力を発揮するといいます。いまこそその力を結集しなければいけないのですが、そのために必要なのが確固たる経営指針です。

中小企業家同友会に「経営指針を創る会」というのがあり、今回で第29期になります。
以前から気にはなっていましたが、スタート前から日程が合わずに参加できずにいましたが、今回は今のところ大丈夫そうなので申込みをしました。こういう時期にこそ会社は強くなると信じて自分の考えを文章にしたいと思います。

1/7 初会議

午前中は北川建設安全協力会の互礼会に出席です。例年はおとそも出て餅つき大会もあるのですが、今年はソフトドリンクに茶菓子という簡単なものになりました。しかし決して士気が下がっているわけではないというのは分かります。こういう時代は質素にしているほうが共感を得られるかもしれませんね

午後は今年初の定例会議です。いつもは工程&連絡事項なので営業だけでやりますが、今日は事務方も集まってもらって少し今年の方針を話させていただきました。大まかにいうと新しくチャレンジすべきことは昨年のうちに種を蒔いておいたのでそのままどんどん進めていくとして、その一方でもう一度びわ湖タイルの原点は何か、何で利益を上げているのかを確認して強みを活かしていこうということです。

ハイテクは得意な業者の力を借りるとして、アナログ的なこともやるべきことをきっちりとやっていこうと思います

1/6 あいさつまわり

毎年この仕事はじめの時期は社内にいるべきかどうか迷います。 外へあいさつに行って帰ってくると謹賀新年の印を押した名刺が机上にずらっと並んでいたりします。 これもマーフィーの法則なのでしょうか

得意先によっては新年互礼会をされるところもあるのでそういうところは敢えていきません。あまり遅くから行っても逆効果なので今週中が山でしょうか。

それにしても地球温暖化という言葉がかすむぐらいに寒い日が続きますね。空気も乾燥しているのでみなさま体調管理には十分注意してください

1/5 新年会

約1ヶ月続いた忘年会シーズンとお正月の気の緩みか・・体調不良でした
今年初のモーニングセミナーのために早朝5:40に起きて準備していましたが、大事をとって欠席しました。

先ずは出社してみなさんとご挨拶をさせていただき、10:30からは商工会館で栗東市新年賀会に出席しました。ここで栗東市の政財界の主要なかたとはほとんど挨拶を済ますことができます。 こういうところでは数名の方のところにいくだけであまり動きません。というのも市会や最近では県会の議員のことをよく言われるので誤解されないようにおとなしくしています。

13:00からは株式会社びわ湖タイルの新年会です。今年も不況の中ですが27名の出席をいただき新年をうことができました。昨年は冒頭の挨拶でBe-tileの件も含め私の構想を話させていただきましたが、今年は短めに蒔いた種の芽が出てくる年だということと今年一年の意気込みを伝えました

1/4 初滑り

正月休み最後の日は子供達の思い出にと琵琶湖バレイにスキーに行きました。スタッドレスタイヤをつけていなかったので若干心配しながら行きましたが、渋滞もなくノーマルタイヤで駐車場まで行けた割には新ロープウェイで山頂に登ると雪質はまあまあ

長男は(私が滑りたいが為に)教えた甲斐があって、中級コースぐらいならひとりで滑ってきます。もともと狭いスキー場ですので「ここら辺滑っとき」でOKです  次男は今回が本格的にスキーデビューですので嫌いにならないように最初はソリ遊びや雪だるま作りにつきあいます。そのうち自分からやりたいとなったときがチャンス  

帰りは少し早めにあがって、天下一品(ラーメン)の木村社長の「あがりゃんせ」という風呂に行き、子供ともども冬休みのいい思い出つくりになりました。子供達の楽しかったという言葉がなによりも明日からの糧になります。


IMG_1455_convert_琵琶湖バレイ1  ←クリックで拡大  山頂からの眺めは最高でした。琵琶湖の形や滋賀県の地形が航空写真のように見ることができます 写真の奥に見えるのは伊吹山です

さて明日は仕事始めで、職人さんも含めて全員で恒例の新年会です

1/4 ラジオ出演

10/17に紹介しました京都三条ラジオカフェの収録が公開されました

シンクタンクジャーナル  ←「12月29日㈱びわ湖タイル社長 中野光一氏/光塾が琵琶湖東岸からシンクタンク発信」

このようなかっこいいタイトルで昨年のとりをさせていただきました。少し恥ずかしい気持ちもありますが、聞いてみてください。 まったくの打ち合わせなしでテーマも聞いていなかったので、いきなりの質問にはとまどいを隠せませんでしたが取り直しはありえないのでふんばりました 初っ端は何がくるのかと緊張で「中野です よろ・・よろしくお願いしますっ!」ってなってましたけどね(笑)

話の中で光塾の内容を録音してネットで発信してみたらどうかとか、定期的に光塾とシンクタンクジャーナルが提携して情報発信しあいましょうという提案もいただきましたので益々気合いが入ってきます

こういう打ち合わせなしのライブ感のある中で意見交換をして、そこから立ち上がってきたアイデアというのは大切にしたいと思います   次回をお楽しみに

1/3 三浦治雄新春互礼会

11時から「魚新楼」にて恒例になっています三浦治雄県会議員の互礼会がありました。政権が代わり県政のごたごたもあって心配していましたが、満員御礼で200名弱のいつもと変わりない人数でした。JCの歴代理事長でもある高畑先輩の横に座らせていただき、いろいろと話をさせていただいて光栄でした 左隣には尾曲左官の会長がおられて少し情報交換できてよかったです。

こういう席になると年齢層のせいか父の話になります。みなさんいい親父でした、お世話になりましたと言っていただけるのでありがたいものです そういうところを私には見せない父でしたのでこういう席でどういう生き様だったかがわかってきます。 と同時にライオンズクラブの勧誘もみなさん一生懸命してこられます

また市会議員のお誘いもあたかも私が次に立候補するように仰いますが、これはきっぱり断らせていただいております。前回の選挙は会社がそれどころではないとの理由でしたが、今はビジネスが100年に1度のチャンスで面白くて仕方がないという理由でお断りしています

今年初の新年会たっぷり飲みました

1/2 お正月

なんとなく年末はそれらしくないと言っていましたが、やはりお正月はお正月です。 元日は家族揃ってお雑煮を食べ、年賀状を見て(書いて)お正月の雰囲気になってきました 夕飯は妻の実家の家族と「浜木綿」という中華料理店へ食事に出かけました。お正月の恒例の行事になってきましたが、同じ市内に住んでいても全家族がそろうのは一年に一回でしょうか。

今日は初詣です。近江神宮に参拝しました 今年は大津JCの同期の理事長新庄氏にお会いしました 

そのあと昨年妻が前厄で立木観音にお参りしていたので今年も行くことにしました。昨年は次男が抱っこや肩車状態でしたが、今回は自力で階段を上ることができました 756段(次男)742段(長男)・・・両者が数えた段数ですが寅年(72歳)の母も途中休みながら上ることができなによりでした

夕飯は自宅で自家菜園の白菜、人参、大根、春菊たっぷりのしゃぶしゃぶをしました

1/1 あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます

2010年寅年の幕開けです。

今年の私自身の課題は「実行力」です。
CMでしっているとしているは違うというのがありました。I knowと I doは違うということですが、ブログで紹介させていただいているとおりいろんな勉強会・セミナーに出かけ、光塾では塾長も務めていますが、やや頭デッカチになりすぎてはいまいかと自問しています。知識は使ってナンボです。

昨年は「」が形となり「プラン」に変わりました。今年はその「プラン」を「現実」のものに変えていきます  

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。