スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/24 小田全宏フルートコンサート

午前は子ども達二人を連れて「世界と出会う玉手箱」に参加してきました。講師はJICAでモザンビークに行っておられた名古屋の中学理科の先生で窪田保氏です。アフリカのモザンビークでの話をおもしろおかしく子ども達にもわかるように話をされ、そのあとはけんだまで遊びました。 若いときに全国大会で優勝したこともある技を披露され子供も大喜び。 「もしかめ」という大皿と中皿を交互にリズミカルに移す競技で8時間の熱戦で優勝されたそうです。
けんだま1  現地の工芸品等
けんだま2  手伝ってもらって成功


けんだまひとつで世界中の人と友達になれるんですよという言葉はその通りだと思います。できれば日本の伝統的なことがいいと思いますが、私はそれを空手で実践しているわけです。

窪田氏への支援の意味もこめて子ども達にそれぞれ全国けんだま協会認定のけんだまを買いました。けっこう子供達もハマッています

午後は彦根で小田全宏氏の講演とフルートコンサートです。家族全員で行きましたが、妻も興味を持ったようです。
7月に滋賀県でアクティブブレインセミナーがあるそうなので妻も行く気になっています。私はもうすでにこの日は予定が入っているので結果をきくのが今から楽しみです。 小田氏は高校一年のときにフルートを止めて46歳のときに再開して今ではコンサートをするまでになったということですが、昔やっていたことやしたかったことを始めるよう奨めておられます。 私も中学高校とブラスバンド部でトランペットを吹いていたので改めて始めてみようかなぁ
小田全宏
スポンサーサイト
コメント

No title

よろしく
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。